FC2ブログ
   
07
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

苺クン、突然…虹の橋へ。

一昨日、26日の夜、
突然に、苺が死んでしまいました。
その後、泣きながら書いたモノを…。


さっき、苺が死んじゃった。

2019年2月26日、午後10時…たぶん30分過ぎ。

ちょっと前まで、私の膝の上にいて、
下ろしたら、椅子の上で寝ていた苺、
私が、パソコンを見ようと思ったら、

『カツン』みたいな、音が聞こえて、
あれ?とザワザワして、苺を見ると、
椅子の上で伸びているみたいな感じで、

そして、『うぉ~ん』って長く吠える声が。
大きくではなく、細く鳴くように。

はっきりと異変を感じて、
慌てて苺にさわると、
ぐったりして、反応はなく、
ほんの少しけいれんしていたかもしれない。

『あぁ…』分かってしまった、
苺が死んじゃうことを。

のどに手を当てても、もう脈がない、
まだ暖かいし、どこか動いてるのに、息もしてない。
生きてるように見えるのに、
もう、何も動いてくれない。

もう、苺は死んでしまった。

せめて、
一番好きだったベッドの上でと思って、
和室からベッドを持ってきて、苺を移した。

ただ、寝てるように見えるのに、
もう、生きてないんだ、この子。

こんなに、あっさり、
手もかからず逝っちゃうなんて、思ってもみなかった。

『元気で、コロって逝ってね』
なんて、確かに言ったかもしれないけれど、
まさか、本当に、こんな急に逝くなんて思ってもなかった。

夕ご飯、カリカリっていつものように食べてたよね?
私がお風呂の入ってる時、
キッチンの右下の棚を開けてイタズラしてたよね?
ついさっき、
和室で猫じゃらしで遊んだよね?
張り切って、猫じゃらしのヒモ切れちゃったよね?
私が本読んでる間、膝の上にいたよね?

それが、今、もう、いないなんて。

明日……苺の大好きなパウチの日だったのにね。
今日、あげれば良かったね。
最後に、大好きなご飯食べさせれば、良かった。

本当に、何て可愛い、イイ子なんだろう。

苺、

苺、

苺、

本当に、可愛くて、可愛くて、可愛くて、
お前がいないと、本当にさびしいんだよ。

前に、お前が手術で入院した時、
いつも一緒に寝る子がいないから、
『苺がいないと、すごい、さびしいね』
言ってたんだよ、
今日から、ずっと、いないんだね。

どうしていいか分からないほど、さびしいよ。

さびしくて、涙が止まらないよ。



さよなら、いっちゃん…苺。
今まで、一緒に生きてくれてありがとう。

スポンサーサイト



プロフィール

kaede

Author:kaede
『楓君の山歩き日記』へ

カテゴリ

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ ポチってしてもらえると、ちょびっと嬉しいかも♪

最新記事

最新コメント

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
738位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
379位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる